今日一日を楽しく暮らす

楽しいいまは次の楽しいいまをつれてくる

新しい仕事

自分の直感を大事にして仕事を選ぶ方だと思う。
今回の仕事は、ひょんなことからつながった。
3月、比叡山延暦寺に、あるイベントで行った。そこで出会った人に京都の苔寺に誘われた。申し込みしないといけない貴重なお寺。友達が行けなくなったから一緒にどう?と、初対面で仲良くなった人に言われた。最初断った。
でも、家に帰って行った方がいい気がする、と思い、無職なのにその月二回目の京都に行くことにした。
京都駅で待ち合わせて、バスで苔寺へ。近くの鈴虫寺や竹の寺へも。
f:id:marinabook:20150515012157j:plain
働く気なんてなくて、やりたくないことは一切やらないぞ!という気持ちでいたその頃。でも、その誘ってくれた方と過ごした京都が楽しくて。自分の稼いだお金でもっと人生楽しみたいな、働きたいなと、自然とそんな気持ちになった。
苔寺で、願い事を書いて納めるという機会があって、常日頃から、神社やお寺で願い事をしないので戸惑ったけれど、私にふさわしい仕事をします!と、宣言を筆で書く。心のどこかで求めていたんだな。。その次の日は、籠神社でご祈祷受けた日。
京都からの、帰りの電車で、なんとなくアイフォンで求人を見る。普段見ないとらばーゆで、すごーく条件の良い、私の実家と、同じ業種の、仕事を発見。次の日応募。すぐ面接決まる。採用される。
いま働いている。条件の良さは、私のこれまでの常識をすべて覆すくらいの良さ。

良い流れのときは、トントン拍子。
私のような妙齢の、子供いない既婚者は、世間に求められないことが多いのに。
比叡山延暦寺に行くと決めたときから、この流れは決まっていた、というような気がする。
今の仕事の面接を受けに行ったとき、ここで働きたい!多分働ける!と思った。
お店の隣に神社があった。すごく気のいい場所だと感じた。導きさえ感じた。


働き始めて、この職場に出会えてよかったなと思っている。ずっと続けようなんて思わない。そういうことを目標にするのは辞めた。私の仕事は、ここで、気持ち良く仕事をすること、それができるうちはここでお世話になろうと考えている。